災害時の燃料備蓄・配送

 

東日本大震災発生時、電力の供給がストップし、改めて石油の「基盤エネルギー」としての重要性が認識されました。事業のインフラを支える電力。災害時の電力供給は、自家発電設備に頼ることになります。しかし、長引く停電に対して、自家発電設備に付帯したタンクだけでは、電力供給を維持することは困難です。
一般的に電力復旧までの所要時間は72時間と考えられています。通電火災による二次災害が懸念されている状況では、それ以上の時間を要するといわれています。

関西ポラコンでは「平時の燃料配送サービス」「緊急時給油サービス」を取扱っており、配送インフラを駆使し、実効性の高い燃料配送システムをお客様にご紹介いたします。保有車両が、お客様の給油状況を把握し、24時間365日ご契約者様の発電設備への継続的給油を行います。